編集部おすすめ記事5選

5
企業にとって見逃せない脱炭素・DXのトレンドとは?

企業にとって見逃せない脱炭素・DXのトレンドとは?

国際社会が気候変動問題への取り組みを推進する中、日本政府は2021年1月に「第6期科学技術・イノベーション基本計画」の素案を公表しました。この中では、脱炭素社会やデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が重要な課題として取り上げられています。企業も、社会や消費者を通じて、この問題に対応を迫られつつあります。 では、気候変動問題が企業経営に影響を及ぼす中、見逃せない脱炭素・DXのトレンドにはどのようなものがあるのでしょうか。 産業競争力強化法の改正 具体的な政府の施策

スキ
39
企業が脱炭素に取り組むべき4つの理由

企業が脱炭素に取り組むべき4つの理由

2020年10月、菅首相が2050年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出の実質ゼロ)を表明したことで、日本でも脱炭素社会に向けた動きが本格的にスタートしました。特に2021年に入ってからは、大手企業が続々と脱炭素に向けた投資や取り組みを表明しており、その流れは加速しつつあります。 今回は、なぜ企業にとって脱炭素への取り組みが重要になっているのか?という点について、4つのポイントから見ていきます。 機関投資家の関心多くの企業にとって、自社への投資を呼び込むことは重要

スキ
36
脱炭素社会とはなにか?なぜ2050年までに実現すべきか?

脱炭素社会とはなにか?なぜ2050年までに実現すべきか?

2020年10月、菅首相が国内の温暖化ガスの排出について2050年までに「実質ゼロ」とする方針を表明しました。地球温暖化につながる温室効果ガス(Greenhouse gas、GHG)の排出をゼロにする「脱炭素社会」の実現に向けては、世界中の国や地域、そして企業が取り組みを進めています。 「脱炭素社会」とは何であり、実現のためどのような取り組みがされているかを見ていきましょう。 脱炭素社会とは?脱炭素社会とは、GHGの排出を減らすだけでなく、やむを得ず排出されてしまった二

スキ
36