Members+ ‐私たちの未来とビジネスを考える‐

株式会社メンバーズが発信する「これからの社会に目を向け、脱炭素化・DXを取り入れた未来のビジネスの在り方を共に考えるメディア」です。第2・3・4木曜日に更新予定!|株式会社メンバーズ:https://www.members.co.jp/

編集部おすすめ記事5選

人気の記事や特に読んでいただきたい記事を5つ選びました。

企業にとって見逃せない脱炭素・DXのトレンドとは?

国際社会が気候変動問題への取り組みを推進する中、日本政府は2021年1月に「第6期科学技術・イノベーション基本計画」の素案を公表しました。この中では、脱炭素社会やデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が重要な課題として取り上げられています。企業も、社会や消費者を通じて、この問題に対応を迫られつつあります。 では、気候変動問題が企業経営に影響を及ぼす中、見逃せない脱炭素・DXのトレンドにはどのようなものがあるのでしょうか。 産業競争力強化法の改正 具体的な政府の施策

スキ
41

企業が脱炭素に取り組むべき4つの理由

2020年10月、菅首相が2050年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出の実質ゼロ)を表明したことで、日本でも脱炭素社会に向けた動きが本格的にスタートしました。特に2021年に入ってからは、大手企業が続々と脱炭素に向けた投資や取り組みを表明しており、その流れは加速しつつあります。 今回は、なぜ企業にとって脱炭素への取り組みが重要になっているのか?という点について、4つのポイントから見ていきます。 機関投資家の関心多くの企業にとって、自社への投資を呼び込むことは重要

スキ
37

地球温暖化対策推進法が改正、わかりやすく解説!企業にも◯◯な変化が

先月26日、参議院本会議において地球温暖化対策推進法が成立しました。2050年までの脱炭素社会、いわゆるカーボンニュートラルの実現が明記され、国や自治体、国民の連携が求められることとなりました。 具体的にどのような内容が決まり、これから企業にはどのような取り組みが求められるのでしょうか? 背景は?地球温暖化対策推進法は「地球温暖化対策の推進に関する法律」の通称であり、1998年に成立しました。97年に京都議定書が採択されたことを受けて、国内における対策の枠組みが定められた

スキ
40

クライメート・ショック下のモノづくりに求められるムーンショット

本記事は、秀逸でユニークなソーシャルグッドな取り組みなどを行う企業・団体のインタビュー記事「SocialGoodCompany」の編集長として、60本以上の記事作成に携わってきた株式会社メンバーズの萩谷 衞厚による連載コラムとなります。 温室効果ガスの削減にむけて、世界中の企業で商品・サービスの在り方が見直されています。今回は、自動車業界からみる日本のモノづくり・現在どのように自動車業界が変革しているのか・更なるイノベーションには何が必要なのかをご紹介します。 実現不可能

スキ
52

イラストで解説シリーズ

CO2はどこから?エネルギーとCO2の関係【イラストで解説!】

前回記事「地球温暖化ってそもそもなに?はじめに知りたいその仕組み」で、「そもそも地球温暖化はなぜ起きているのか」「なぜCO2を削減する必要があるのか」を解説しました。 本記事では、CO2はどこから発生するのか・再生可能エネルギーが注目される理由をご紹介します。 本記事は、株式会社メンバーズが運営するInstagramの投稿を転載しています。 <編集部オススメ記事> 本記事や前回記事を踏まえて、2050年までの脱炭素社会、いわゆるカーボンニュートラルの実現が明記された「

スキ
26

地球温暖化ってそもそもなに?はじめに知りたいその仕組み【イラストで解説!】

先日、地球温暖化対策推進法の解説記事をお届けしましたが、「そもそも地球温暖化はなぜ起きているのか」「なぜCO2を削減する必要があるのか」をご存知でしょうか?本記事では、イラスト付きで解説していきます! 本記事は、株式会社メンバーズが運営するInstagramの投稿を転載しています。 地球温暖化の仕組みや、CO2を削減すべき理由が分かると、より納得感をもって情報収集・アクションができますね! 参考: ▼IPCC(気候変動に関する政府間パネル)報告書「AR4 Climat

スキ
33

再生可能エネルギー、世界の導入目標は?中国や日本、ヨーロッパを比較

気候サミットにて、菅首相が「2030年度の温室効果ガス削減目標を46%削減(2013年比)し、さらに50%の高みに向けて挑戦を続ける」と宣言しました。また、46%削減達成のためには、再生可能エネルギー対策を優先して行う旨を示しました。 本記事では、「なぜ再生可能エネルギーが注目されるのか」「世界各国と日本の導入目標の比較」をご紹介します。 本記事は、株式会社メンバーズが運営するInstagramの投稿を転載しています。※掲載されている各国の数値目標は2021年1月当時のも

スキ
31