Members+ ‐私たちの未来とビジネスを考える‐

株式会社メンバーズが発信する「これからの社会に目を向け、脱炭素化・DXを取り入れた未来のビジネスの在り方を共に考えるメディア」です。|株式会社メンバーズ:https://www.members.co.jp/

編集部おすすめ記事5選

人気の記事や特に読んでいただきたい記事を5つ選びました。

すべて見る

「脱炭素の実現なしに豊かな社会を創ることはできない」イケア・ジャパン:Social Good Company #70

メンバーズでは、2018年よりこれまで、Social Goodな企業や団体などを対象に、社会課題解決型のビジネスや取り組みを紹介するインタビューコンテンツを発信しています。今後は、noteコンテンツとして掲載しますので、よろしくお願いします。 1943年、スウェーデンでの創業以来、32ヵ国に465の店舗を展開し、今では誰もが知るホームファニッシングカンパニー「イケア」。人、社会、地球にポジティブな影響をもたらすことを使命として掲げ、気候変動問題などの課題に積極的に取り組んで

スキ
20

Webサイトも脱炭素化が必要!?「サステナブルWebデザイン」とは

サステナブルWebデザインが必要な理由:CO2排出削減だけでなくユーザビリティー向上にもエネルギー業界や自動車業界のような、わかりやすくCO2を排出している分野では脱炭素化の動きが加速しています。しかし、一見エコに思えるインターネットの利用も大量のCO2が排出されています。パソコンもスマートフォンもWebサイトを表示するためのサーバーも、すべてにおいて電力が必要となるため、ネット利用での全世界のCO2排出量は、世界のCO2排出量の約2%にあたり、航空業界が生み出すのと同じ割合

スキ
27

「プライム」市場が登場!東証一部との違いは?いつから何が変わる?わかりやすく整理

2022年4月から東京証券取引所(以下、東証)は、現在の「市場第一部」や「市場第二部」などから、新たに「プライム」「スタンダード」「グロース」という3つの市場区分に移行します。 こうした中で7月9日、現在「市場第一部」に上場する企業2,191社のうち、664社が「プライム」への上場維持基準に達していないことが明らかになりました。また週明け12日には、東証からの維持基準の未達通知を受けた100社以上が「プライム」への適合通知を受けたことを適時開示で公表しています。 株式市場

スキ
34

各国の再生可能エネルギー比率は?日本は20%、再エネ比率65%以上の国も

2015年に採択されたパリ協定によって、世界各国が脱炭素化へと舵を切りました。脱炭素化を進める上で、地球温暖化の原因となっている化石燃料から脱却し、再生可能エネルギーを活用することは、重要な取り組みの一つとなっています。 脱炭素化に向けた取り組みとして、 ①温室効果ガス(以下、GHG)の排出量削減 ②エネルギー消費量の削減 ③どうしても出てしまうGHGについては排出量に見合った削減活動への投資(カーボンオフセット) が、世界的に求められています。再生可能エネルギーはこの

スキ
32

イラストで解説シリーズ

すべて見る

CO2はどこから?エネルギーとCO2の関係【イラストで解説!】

前回記事「地球温暖化ってそもそもなに?はじめに知りたいその仕組み」で、「そもそも地球温暖化はなぜ起きているのか」「なぜCO2を削減する必要があるのか」を解説しました。 本記事では、CO2はどこから発生するのか・再生可能エネルギーが注目される理由をご紹介します。 本記事は、株式会社メンバーズが運営するInstagramの投稿を転載しています。 <編集部オススメ記事> 本記事や前回記事を踏まえて、2050年までの脱炭素社会、いわゆるカーボンニュートラルの実現が明記された「

スキ
26

地球温暖化ってそもそもなに?はじめに知りたいその仕組み【イラストで解説!】

先日、地球温暖化対策推進法の解説記事をお届けしましたが、「そもそも地球温暖化はなぜ起きているのか」「なぜCO2を削減する必要があるのか」をご存知でしょうか?本記事では、イラスト付きで解説していきます! 本記事は、株式会社メンバーズが運営するInstagramの投稿を転載しています。 地球温暖化の仕組みや、CO2を削減すべき理由が分かると、より納得感をもって情報収集・アクションができますね! 参考: ▼IPCC(気候変動に関する政府間パネル)報告書「AR4 Climat

スキ
35

再生可能エネルギー、世界の導入目標は?中国や日本、ヨーロッパを比較

気候サミットにて、菅首相が「2030年度の温室効果ガス削減目標を46%削減(2013年比)し、さらに50%の高みに向けて挑戦を続ける」と宣言しました。また、46%削減達成のためには、再生可能エネルギー対策を優先して行う旨を示しました。 本記事では、「なぜ再生可能エネルギーが注目されるのか」「世界各国と日本の導入目標の比較」をご紹介します。 本記事は、株式会社メンバーズが運営するInstagramの投稿を転載しています。※掲載されている各国の数値目標は2021年1月当時のも

スキ
31